旭川のうた

スーパーホワイトアローに乗って
札幌から1時間20分…
いわゆる「超白い矢」は
思ってたより、ずっとスピーディーで
あっという間に旭川
どうしてスーパーホワイトアローに
乗ったかといえば…
前の日の夜みんなでダーツをしたんだ
意外とおもしろかったから…
「矢」つながりで…
アロー… アロー…
旭川の駅に降り立って
まず1つめのサプライズ…
かなりの大都市っぷりに
ちょっとサプライズ…
駅前の買い物公園で
俺は思い出をお買い物…
通りを吹き抜ける風は
まだちょっと冷たかったけど…
手を握り合ったカップルたちの熱で…
ヒュ~! ヒュ~! ヒュ~!
ダーツの矢のように飛んでけ俺…
北海道が的だとすれば…
旭川はド真ん中…
旭川はド真ん中…
旭川で2つ目のサプライズ…
たまたま入った美容院のオネェさんが
俺を知っていた…
そのコは寅さんでいったら
旅先で出会ったマドンナ…
そしてまたサプライズ…
彼女の教わったラーメン屋は…
見事にクローズド…
でも、かわりに入ったオバちゃんの
ラーメンはVery Veryうまかった…
待ってる時すすめられたマンガは
「白い戦士ヤマト」…
旭川で最大のサプライズ…
大雪山の山々の神々しさ…
猛々しさ…
そして何より美しさ…
夕日に照らされ光り輝く姿を見て
俺はフツーに泣いた…
泣いてしまった… あぁ…
泣くっしょ…?
泣かいでか…?
ヒェ~ン(T_T)… ヒェ~ン(T_T)…
ダーツの矢のように飛んでけ俺…
北海道が的だとすれば…
ダーツの矢のように突き刺され俺…
北海道が的だとすれば…
旭川はド真ん中…
旭川はド真ん中…
50点…?
プル…(真ん中に当たること)
プル…(真ん中に当たること)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください