my life

最近の僕はとてもぎこちない
ロマンチスト。
聞こえない君の鼓動、とても恋しくて。
誰かを思う姿はまるで僕じゃない。
子供みたいに。
上手に笑えないのはあの時君が大人だったから。

月が背中を照らしても、摩天楼は沈み行く。
西の空に確かな光が見えた。

知らぬ間に君を目で追って
大きく深呼吸をして
好きだ、君が好きだ。君が大好きだって叫んだ。
笑われる僕は照れたって
この気持ちは誤魔化せなくて
君を僕の人生かけて愛してゆくよ。

さっきまでの雨が上がり崩れかけた
砂の城。
そう言えば君はいつも僕を見守って。
紙一重の表情が見えないから
不安になる。
小さく君を呼ぶのは同じ空を見て笑いたいから。

見当たらない足跡を、利かぬ目で探す夜。
深い海で微かに声が聞こえた。

少しだけ急ぎ足になって
君の一歩前を行って
好きだ、君が好きだ。君が大好きだって叫んだ。
僕の手を取って走ったって
この気持ちは止まらなくって
君は僕の人生において大切な人。
君は僕のマイライフ。そのもの。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください