僕は思う

あぁ、このテラスから見下ろせば街は模型みたいで、
あぁ、数えきれぬほど多くの言霊が飛び交っているよ。
子供の頃見たモノクロの
映画の中にあったような街は 見渡せど何処にも無い。
ほら、さっきまで降っていた
雨は止み空気が湿り始め、
そう、レインロードが乾く前に
出掛けよう、荷物持って。
水溜まりの中に映った虹は、
とても綺麗だった。

僕が思うほど、君は大きくはないなりに
きっと遠くへ手を伸ばしている。
君が思うほど、僕は小さくないように
多分翼を広げ威嚇する。
怖がったっていいさ、怖がったっていいよ

あぁ、水面に浮いた花びらはまるで踊っているようで
あぁ、時計仕掛けの交差点の渦と人の流れ。
偽善にまみれたスーツの裾、
着飾ったつもりでも隠しきれず真実が見え隠れ。
ほら、目の前を歩いていた人は
立ち止まり伏し目がちで、
そう、パントマイムの様に嘘で
誤魔化した意識はないけど
アフレコのようにセリフを並べ、
悪戯に刺激した。

君が思うほど、僕が弱くないはないなりに
きっと楽しむ術を知っている。
僕が思うほど、君が強くはないように
多分足並み揃え並んでいる。
出遅れたっていいさ、出遅れたっていいよ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください