メリーとハリー

メリーは、のんびり屋。
メリーが遅れそうな時は
ハリーが「急げ!急げ!!」と急かすから、
メリーはいつもピッタリに着く。

ハリーは、慌てん坊。
ハリーが早足になった時は
メリーが「慌てない、慌てない。」となだめるから、
ハリーはいつもピッタリに着く。

二人はいつでも、どこに行くにも一緒だった。
そんな二人が、ある日の晩、
喧嘩をしてしまった。
理由は些細な事だけれど、
とても大きな喧嘩だ。

次の日・・・。
メリーは学校に遅刻した。
みんな、遅刻したメリーを見て、笑った。
ハリーは早くに着き過ぎた。
誰もいない学校が怖くて、入れなかった。

その日の帰り道、メリーの前には
肩を落として歩くハリーの姿があった。
メリーはハリーの元へ駆け寄り、ハリーはそれに気が付いた。

メリーはハリーに昨日の喧嘩の事を謝った。
「ごめんなさい。」
ハリーもメリーに同じ様に謝った。
「ごめんなさい。」
仲直りをした二人は、
手を繋いで歌を歌いながら家へと帰った。

それからというもの、
二人は早く着き過ぎる事も、
また遅刻する事もなくなった。

どうよ、こんな話。
職場でメリハリが無い事やら何やらでストレスが貯まってるんですが、
それをそのまま書き綴ってもキリが無いし、
書いてる本人も、読んでいる人もきっと面白く無いだろうから、
替わりに短篇の物語を書いてみました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください