ミッキーマウスの憂鬱

東京ディズニーランドでアルバイトすることになった21歳の若者。友情、トラブル、恋愛…。様々な出来事を通じ、裏方の意義や誇りに目覚めていく。秘密のベールに包まれた巨大テーマパークの“バックステージ”を描いた、史上初のディズニーランド青春成長小説。

久し振りに面白いと思えた本でした。
一部「これって実話!?」と勘違いしてしまう様な内容も有り、
そして、出たがりな主人公の行動や言動に苛々してしまったり。
これはディズニー好きな方にはオススメの本です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください