LOOK UP

ずっと前から気付いてたよ 籠の中の自分に。
そこから見える白い空を 飛び回ると願って。

優しい振りをして見せても 来た道を引き返し
誰かが呼ぶ声を頼りに 手探りで歩いてた。
疑心暗鬼はもう辞めた。音も無く落ちる羽のように。

下向いて歩いてる自分の姿に
誰かがhamと言うレッテルを貼りつける。
臆病な僕は返す言葉も無くて
貴方がどこかでそっと傷付けばいいと
思うよ。無表情な目で僕を見てる。

優しい振りをして見せても 来た道を引き返し
誰かが呼ぶ声を頼りに 手探りで歩いてた。

明かりを消したような夜に貴方だけ残って
母の声を真似た貴方は子守唄、唄って。
少しだるい朝リセットして。
染まる事の無いミルクのように。

突然の雨は僕の目の前に降り
謂れない事実を無理矢理に突きつける。
僕に許しを乞う小さな貴方が
待ち惚けする間に胸を痛めればいいと
思うよ。
貴方が
無表情な目で僕を見てる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください