0時31分

誰もいない池袋の、街並みは穏やかで。
灰色の東口、何処か冷たい感じがした。
どこかしこで鳴り渡る、赤色灯の回る音。
新宿は今日も街も人も眠らずに暮れる摩天楼。
明治通りの車線には長い車が列を成している。
玩具のような人波を飲み込んでしまえば良い。

0時31分に思い出を乗せて去って行く。
黄色の電車、何も言えず ただ見送る事しか出来ず。
嗚呼、振り向いてばっかりの僕が立っている。

大人にはなれない渋谷には ちっぽけな夢も抱けずに、
いつも通り過ぎていた。次の街に目を輝かせ。
山手線が回る円の中、繰り返される不幸なニュースを
餌にするなら、その笑い声奪われてしまえば良い。

0時31分の最終電車に乗っている。
君を送って急ぎ足で 追いかけて手を振っている。
嗚呼、しわくちゃな顔をして僕は泣いている。

0時31分に 時計は全て止まってしまう。
風に揺らいだロウソクの火、傾いたまま何も燃えず
嗚呼、その火を消さぬように、
君に心配掛けぬように
僕は笑っている。

0時31分

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください