さよなら彼女

新宿の信号待ち、僕は一人優越感に浸ってる。
世の中は矛盾が多くて退屈しない。
高級車を乗り回すあいつを見るその瞳が妬ましく、
僕はまた唇を噛み締めた。

見えないあなたがそばにいる。
普遍的なこの感情は…。
あなたが僕の中から消えないから。

星がきれいだからさよならを君に言おう。
涙、泪が流るる。
星がきれいだから「さよなら彼女」と言おう。
そして愛の歌、歌おう
思い出と共に、一緒に居たのに
届かない、僕のメロディ…。

言葉達は真っ白だった三日月色の夜を追い越してしまった。
その声が聞こえるのはカタリデウス。
煙色に染められた壁を背にあなたは今何を思う。
まるで僕等、恋愛ごっこしている。

あなたがズルさを振りまわし。
僕は押し潰されそうになる。
だから僕はあなたから逃げ出したいんだ。

星はきれいだけで答えは教えてくれず
心模様はバラバラ。
星はきれいだけど君の名を今叫ぼう。
そして愛の歌、歌おう。
星屑のように、思い出となれ
届かない本当のメロディ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください