西大井のうた

オマエが俺にくれたメールはシンプルでストレートだった…
僕は東京都品川区西大井に住んでいます…
だから西大井のうたを作って下さいって…
それは、いきなり…
僕はあなたの事が好きです…
だから、つき合って下さいって言うようなもの…
だけど、何て真っすぐでピュアな訴えなんだ…
だから俺は、あえてやろうと決めた…
そうなんだ、俺たち大人は…
こんな真っすぐな感覚を忘れてしまっている…
物事に理屈なんていらねぇ…
好きだからつき合いたい、好きだからキスしたい…
それでいい…
結果を恐れて何もしないより…
まず行動する事が大事なんだ…
ありがとう猫舌、中1の少年よ…
俺は大事な事を思い出せた…
オマエのおかげで…
ただひとつだけ言わせてくれ…
僕は東京都品川区西大井に住んでいます…
だから西大井のうたを作って下さいって…
あまりにも色がないだろ?
俺は心配している…
オマエが大きくなって女子に告白る時…
僕はあなたを愛しています。
だから結婚して下さいっていきなり言うんじゃないかって…
ごめん、何度も同じ事…うるさかった?
まぁ、西大井だけに…
グチも多い…
けど、まだオマエは…
中1で…13歳…
今のままで…
これからもつき進め…
西…(大井!大井!大井!)
西…(大井!大井!大井!)
東京…品川区…
西…(大井!大井!大井!)
西…(大井!大井!大井!)
東京…品川区…
恋して…フラれて…
その度立ち上がれ!
失敗…恐れるな…
信じる道を行け!
宿題やったか?
歯みがけよ!
また来週!

海老名

彼女の連休が終わった。
夜勤明けで帰宅した僕は、
布団の中に潜り込み、夢の中へ。
目を覚まし、
食事を済ませ、
彼女を海老名駅までお見送り。

海老名。
寒かった…。

フジタイチ

今日の夜勤のパートナーは、夢を夢で終わらせる男。
今日も彼の夢絵巻は、ノンストップ。
しかし彼は、良く似ている。
新宿に異動したアイツに、良く似ている。

そっくりだ。

同類だ。

瓜二つだ。

真っ二つだ。

本人だ。

※悪意はありません。