パウダー

父親のお骨とともに、母が上京。
ようやく1歩…
また前進した。
時間は経ってしまったけれど、良かった。

帰宅した僕は疲れから眠ってしまった。
そんな中、彼女が来てくれた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください