平面いぬ。


「わたしは腕に犬を飼っている―」
ちょっとした気まぐれから、謎の中国人彫師に彫ってもらった犬の刺青。
「ポッキー」と名づけたその刺青がある日突然、動き出し…。
肌に棲む犬と少女の不思議な共同生活を描く表題作ほか、その目を見た者を、石に変えてしまうという魔物の伝承を巡る怪異譚「石ノ目」など、天才・乙一のファンタジー・ホラー四編を収録する傑作短編集。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。