鬼は存在した

職場で“鬼”と呼ばれているIマネージャー。
(呼んでいるのは僕だけ)
彼のふとした呟きに、僕の震えは止まらなかった。
(ちょっと室内が寒かっただけ)

鬼は存在した。
(泣いた赤鬼とかね)
Iマネージャーの背後に、鬼の姿が見えた。
(眼精疲労かもね)

こんな日記を書いたら、職場で居場所なくなっちゃうよ(;´д⊂)
でも、僕に彼女が出来て、
H君にも彼女が出来て、
この話だから、何となく良いこと尽くし。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください