多摩蘭坂

夜に腰かけてた…
中途半端な夢は
電話のベルで醒まされた
無口になったぼくは…
ふさわしく暮してる
言い忘れたこと
あるけれど…
多摩蘭坂を…
登り切る手前の…
坂の途中の
家を借りて住んでる…
だけど どうも苦手さ
こんな夜は…
お月さま のぞいてる…
君の口に似てる
キスしておくれよ窓から…
多摩蘭坂を…
登り切る手前の…
坂の途中の
家を借りて住んでる…
だけど どうも苦手さ
こんな季節は…
お月さま のぞいてる…
君の口に似てる
キスしておくれよ窓から…
キスしておくれよ Ah Ah…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください