伊豆の国のうた

三島… あぁ… 三島…
ここには深い思い出が…
キュートなメガネっ子、そして…
オヤジ…
ちょっとバイオレンスな…
俺もあれから…
人として大きくGrowing Up…
実は今、小説家の卵…
やっぱ「作家先生」は…
老舗旅館に長逗留…
いずっぱ!(伊豆箱根鉄道)いずっぱ!(伊豆箱根鉄道)
「いずっぱ(伊豆箱根鉄道)」で伊豆の国…
そんなわけで俺は…
いずれ未来の「文豪」…
すでに、(タイトル)も浮かびました…
踊り子… 踊り子…
「伊豆の国の踊り子」!
けど、この小説は…
「パクリくさい!」と蔑(さげす)まれ…
出版社の人は誰も…
最後まで読んでもくれない始末
でも、旅館(ここ)の人は…
みんなとっても優しかった…
傷心の俺に声を…
家路に着く俺に声をかけてくれたんだ
ありがとう…
(旅館の人)「おいで!またおいで!」
(旅館の人)「またおいで!伊豆の国」
(旅館の人)「おいで!またおいで!」
(旅館の人)「またおいで!伊豆の国」
狩野川のせせらぎ…
山の深い緑…
忘れない… 伊豆の国…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。